« 本日二つめのアネモネ
(Anemone nemorosa 'GreenStranger')
| トップページ | ヨーロッパのプリムラ 8連発 »

2006年4月14日 (金)

2種類の白いスミレ
(Viola betonicifolia, patrinii)

いまアルピコラでは白いスミレが咲いています。
一つは上の写真のアリアケスミレ(Viola betonicifolia var. albescens)。
もう一つは下の写真のシロスミレ(Viola patrinii)です。
アリアケスミレは日本に広く分布しているスミレですが、この写真の個体も、六甲山の北側(神戸市北区)のあちらこちらに見かける中で、最も白い花を咲かせているのを拾ってきたものです。
シロスミレはNARGSの種子交換で手に入れたものですが、シロスミレは東アジアに広く分布しているので、日本産とは限りません。
この二つは、花も葉っぱも全く一緒で、区別できません。強いて言えば、アリアケスミレの方が少し花が大きいということだけです。
書物などにはアリアケスミレは葉が水平に伸びる、シロスミレは葉が立つとありますが、そう思ってみると、そうなんですが・・・・・
もう一つ、リュウキュウシロスミレ(Viola betonicifolia var. oblongo-sagittata)がつぼみを開き出しているのですが、上二つと同じような花なのです。はたしてスミレ3兄弟の区別がつくでしょうか。



Vbetonicifolia1

Vpatrinii2

|

« 本日二つめのアネモネ
(Anemone nemorosa 'GreenStranger')
| トップページ | ヨーロッパのプリムラ 8連発 »

スミレ (Viola) (114)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日二つめのアネモネ
(Anemone nemorosa 'GreenStranger')
| トップページ | ヨーロッパのプリムラ 8連発 »