« ヘレボラスの新葉5種 | トップページ | アネモネたち(ラ)?
Anemonella thalictroide »

2006年4月22日 (土)

赤いオダマキ
(Aquilegia vulgaris 'Clementine Red')

B & T 社から入手したオダマキの種の内、アクイレギア・ブルガリス「クレメンタイン・レッド」(Aquilegia vulgaris 'Clementine Red')が咲きました。
背丈は50cmほど、花の大きさは約4cm。
日本の園芸業者は矮性とか受け咲きとか説明をしていますが、ブルガリスとしてみた時、矮性でもないし花も若い内はうつ向きか横向きで、些細な差違を強調して、これも売らんかな主義ですね。
このような商業主義に乗っかっているとはいえ、花は下の写真のように距のないクレマチス咲(八重咲)種で、しっとりと落ち着いた感じのオダマキです。


Aqclementine



Aqclementine2

|

« ヘレボラスの新葉5種 | トップページ | アネモネたち(ラ)?
Anemonella thalictroide »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

綺麗な赤!!
こんなきれいな赤色のオダマキを初めて見ました!
感激です(*^▽^*)

投稿: チッチョリ | 2006年4月24日 (月) 20時29分

花に替わってお礼を申し上げます。
花の色ってすごいですね。人間の造ったもので、色で感激させようとしても、すごいクリエータならいざ知らず、できるもんではないですよね。
そのすごさを頑張って紹介しますので、またお越し下さい。

投稿: ptech | 2006年4月25日 (火) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘレボラスの新葉5種 | トップページ | アネモネたち(ラ)?
Anemonella thalictroide »