« ピンクの石垣 
Polygonum capitatum
| トップページ | やっと開いたアネモネ 
 (Anemone palmata) »

2006年4月18日 (火)

街の中のキケマン 
Corydalis heterocarpa var. japonica

桜のトンネルの近くのお宅の塀の下に、ここにだけキケマン(Corydalis heterocarpa var. japonica: ケシ科キケマン属)が咲きます。
赤紫の花をつけるムラサキケマンはこの時期よく見かけますが、キケマンはここ以外では見かけません。
六甲山麓だとはいえ150万人の人が住む都会の住宅地ですから不思議です。

キケマンの学名のheterocarpaは「色々な果実のある」という意味です。種を取ろうと時期になると通うのですが、1種類の果実しか見たことがありません。
キケマンは嫌な臭いがあると言われていますが、花粉症のわたしにはよくわかりません。
普通は50cmを超える高さになるようですが、ここのキケマンは石垣に咲いているからか、背丈は20cm足らずの矮性で、花は頭頂部にかたまってではなく、茎にまばらにつきます。
そのためうまく写真を撮れません。


Corydalisheterocarpa

|

« ピンクの石垣 
Polygonum capitatum
| トップページ | やっと開いたアネモネ 
 (Anemone palmata) »

コリダリス(Corydalis)(60)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンクの石垣 
Polygonum capitatum
| トップページ | やっと開いたアネモネ 
 (Anemone palmata) »