« 乙女の姿、しばし・・・
(Viola grypoceras)
| トップページ | 花?葉っぱ? 
(Anemone nemorosa 'Villescens') »

2006年4月12日 (水)

飛んだ?間違い
(Viola sororia 'Priceana')

NARGSの種子交換で手に入れた「Viola brevistipulata」という種を昨年2月に蒔いて、発芽し、その年は花をつけないまま、今年2月終わりに、葉も出さない内につぼみを付けました。3月15日に待ちに待った花が、上の写真のように開きました。
が、しかし待てよ?  Viola brevistipulata には和名があって、オオバキスミレといいますので、黄色い花をつけるはずです。花の中心には黄色い色がついていますが、決して黄スミレではありません。ひょっとして珍しいスミレか!と思いました。
おかしいなと思いつつ観察を続けましたら、2番目3番目と順につぼみが開き、少し花の感じが違ってきました。それが下の写真(4月10日)です。なーんだ、ビオラ・ソロリア「プリセアナ」(Viola sororia 'Priceana')ではないか! アルピコラではそこかしこに咲いているビオラです。種を飛ばして、他の鉢で咲いてしまったようです。とんだ(飛んだ)間違いです。
寒い時期は、縮こまってしまって、普段と違う様相を呈するんですね。
ブログに「新種大発見」という見出しを出してお騒がせしなくてよかった。


Vbrevistipulata



Soraria1

|

« 乙女の姿、しばし・・・
(Viola grypoceras)
| トップページ | 花?葉っぱ? 
(Anemone nemorosa 'Villescens') »

スミレ (Viola) (114)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乙女の姿、しばし・・・
(Viola grypoceras)
| トップページ | 花?葉っぱ? 
(Anemone nemorosa 'Villescens') »