« 神戸空港
KOBE AIRPORT
| トップページ | シソの木???
Phlomis fruticosa »

2006年5月22日 (月)

忍冬、昔の日本人みたい
Lonicera japonica

散歩の途中で、フェンスに絡んで咲いている花を見つけました。
スイカズラ(Lonicera japonica:スイカズラ科スイカズラ属 )です。その蜜を吸うと甘いのでついた名だそうですが、私は吸ったことがありません。その香りはジャスミンに似ているのですが、ジャスミンほど強くありません。
ジャスミンやジンチョウゲほど花数がないからでしょう。

スイカズラは、冬でも葉が生い茂り、寒さに耐えているように見えるのでニンドウ(忍冬:元々中国名) とも呼ばれています。かっての日本人のようです。

花の形は前から見ると細く、シソ科やゴマノハグサ科と似ていますが、「唇形花」といっていいんでしょうか、そんな形です。雄蕊と雌蕊が飛び出しているのも個性的で、帰化植物の雰囲気があります。


Lonicerajaponica1

Lonicerajaponica2

|

« 神戸空港
KOBE AIRPORT
| トップページ | シソの木???
Phlomis fruticosa »

ヤポニカシリーズ (Japonica) (90)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸空港
KOBE AIRPORT
| トップページ | シソの木???
Phlomis fruticosa »