« ピンクの月見草
Oenothera rosea
| トップページ | アンネのバラ
'Souvenir de Anne Frank' »

2006年5月12日 (金)

樺太おだまき?

「樺太おだまき」という名で流通しているオダマキです。学名を始めとして詳細はわかりません。
ノラ・バーロウのように花びらが規則正しく整列している八重咲き種で、非常に短い距があります。
ポンポン咲き(咲き始めはポンポン咲きのように咲いています)やボンネット咲きなら距がありますが、このような八重咲きで距を持つのは珍しいと思います。
ただ名前に樺太とついていますが、果たして樺太(サハリン)原産なのか・・・・・

私は海外の園芸種ではないかと勘ぐっています。
外国園芸種を、国内野草のカラーリーフ種や斑入り種のように偽って売っているのに出くわしたことが何度かあります。学名が記されていない花は特に危ない。
この花も売らんかな主義の園芸業者のしわざではないかと疑ってしまいます。
花に罪はないので、美しければ全てよし!でいいんですが・・・・業者に欺されるのがシャクで・・・・

背丈は30cmほどで、花の大きさは3cmほどです。


Karafutoodamaki1


Karafutoodamaki2_1

|

« ピンクの月見草
Oenothera rosea
| トップページ | アンネのバラ
'Souvenir de Anne Frank' »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンクの月見草
Oenothera rosea
| トップページ | アンネのバラ
'Souvenir de Anne Frank' »