« 黄色いオキザリス2 
Oxalis lobata
| トップページ | 原種シクラメンの発芽 
Cyclamen balearicum »

2006年11月13日 (月)

小坊主 
Fastia japonica 

寒くなってくると散歩の途中で花を見つけるのが難しくなってきます。
さらに、朝明けが遅くなってきて、光線の無いところで撮さないといけなくなってきます。
今日はそんな事情をお含みいただいて、写りの悪い写真をご覧下さい。

これは皆さんご存じのヤツデ (Fastia japonica:ウコギ科ヤツデ属)の花です。
目にはするけれど近寄って花を眺めたことはなかったのですが、よく見ると小坊主がこっちを見ているようです。
アップにするとおもしろい写真になりますね。
昆虫を集めるために、花のない冬の時期に花を咲かせて、そのためあの大きな葉を広げて薄日を吸収しようというヤツデの戦略がわかったきます。



Fastiajaponica1


|

« 黄色いオキザリス2 
Oxalis lobata
| トップページ | 原種シクラメンの発芽 
Cyclamen balearicum »

ヤポニカシリーズ (Japonica) (90)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄色いオキザリス2 
Oxalis lobata
| トップページ | 原種シクラメンの発芽 
Cyclamen balearicum »