« 今日の桜坂 | トップページ | 派手なのか地味なのか 
Papaver dubium »

2007年3月29日 (木)

おちょぼ口の黄スミレ 
Viola zoysii

黄色いスミレが咲きました。
アルプスの東部からユーゴにかけての海抜2000mの高地に生息しているビオラ・ゾイシィ(Viola zoysii:スミレ科スミレ属)です。
ビオラやパンジーが属するメラニュウム(Melanium)節のスミレですというより、園芸種の親のひとつです。
ですから花の形や葉が園芸種によく似ています。
しかし園芸種とちょっと違うのは、髭を蓄えたおちょぼ口ぐらいでしょうか。

ビオラ・カルカラタ(Viola calcarata)の亜種(Viola calcorata subsp zoysii)という説もあるようです。
ただカルカラタのスタンダードは紫で、黄花は少ないようです。

このスミレは距に特徴があって、細くてビーグル犬の尻尾のようにピンと上を向いています。



Violazoysii1


Violazoysii2

|

« 今日の桜坂 | トップページ | 派手なのか地味なのか 
Papaver dubium »

スミレ (Viola) (114)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の桜坂 | トップページ | 派手なのか地味なのか 
Papaver dubium »