« サクラソウモドキのサクラソウ? 
Primula cortusoides
| トップページ | 春の訪れ 
Erigeron philadelphicus »

2007年4月15日 (日)

ふたつの区別 
Aquilegia sibirica, Aquilegia flabellata var.pumila

二つのオダマキは色も形も似ています。
上はルリオダマキ(Aquilegia sibirica:キンポウゲ科オダマキ属)の桃花種で、学名からわかるようにシベリヤ原産(北蒙古からシベリヤ)です。
下はミヤマオダマキ(Aquilegia flabellata var.pumila) で、日本のオダマキです。
色が違いますからはっきり区別できます。
しかし両方とも白花種がありますから、それだったら区別できますか?

区別の仕方は、距を見てください。
ルリオダマキは比較的伸びています。
ミヤマオダマキは内側に巻き込んでいます。
たったこれだけの違いですが、とりあえず花だけで区別ができます。

勿論ミヤマオダマキの葉っぱの色は薄い緑青色ですから、これでも区別できます。

ところでこのミヤマオダマキ、ここ10年買ったことも種を蒔いたこともないのに、昨年晩秋に3本芽が出てきて、背伸びすることなく、従って葉色もわからないままでした。
種類もわからないまま(Aquilegia jonesiiの鉢から出てきたので、てっきり jonesii だと思っていました)、春に突然このように花をつけ、同定できました。
種まきからの日数的に花は咲かないはずですが・・・・・
小さい背丈のミヤマオダマキです。



Asibirica1


Aflabellata1_2

|

« サクラソウモドキのサクラソウ? 
Primula cortusoides
| トップページ | 春の訪れ 
Erigeron philadelphicus »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

きれいな色ですね!
オダマキは大好きで我が家の花壇にも確か5種類ほどあります。
区別の仕方があるのですね。
北国のこちらは花はまだまだ先ですが、咲いたらぜひよく観察してみたいと思います^^

投稿: mamako | 2007年4月15日 (日) 23時56分

ご訪問ありがとうございます。

私もオダマキ大好きです。
私の所でも、いろいろなオダマキが花をつけだしました。
順に登場させますので、またお越しください。

投稿: ptech | 2007年4月16日 (月) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サクラソウモドキのサクラソウ? 
Primula cortusoides
| トップページ | 春の訪れ 
Erigeron philadelphicus »