« 時期尚早?のイヌホウヅキ 
Solanum nigrum
| トップページ | 豪華ヤマブキ 
Kerria japonica & Rhodotypos scandens »

2007年4月17日 (火)

ちびオダマキ 
Aquilegia laramiensis

確かにアクイレギア・ララミエンシス(Aquilegia laramiensis:キンポウゲ科オダマキ属)というのは可愛い小さなオダマキです。
アメリカ・ワイオミング州のララミー山脈に咲くオダマキです。
背丈は花が無い時期でも10cmほどです。

でもこれはやり過ぎです。
背丈は4cmほど、花の大きさは縦横が1cmX1cmというサイズです。
花は地上すれすれに咲いています。
赤い雌しべが珍しいでが、でも雌しべはすでに受粉したように開いています。
しかし雄しべは成熟していません。
単為生殖してしまったのでしょうか。
時々こういうオダマキを見かけます。
しかし雌しべ以外の姿ががここまできちんとしているものはありませんでした。
昨年はどういう訳か花をつけませんでした。
今は蕾を含め花が3輪ついています。

もしも大きな花が咲いたらお知らせします。



Alaramiensis1


Alaramiensis3


Alaramiensis2

|

« 時期尚早?のイヌホウヅキ 
Solanum nigrum
| トップページ | 豪華ヤマブキ 
Kerria japonica & Rhodotypos scandens »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時期尚早?のイヌホウヅキ 
Solanum nigrum
| トップページ | 豪華ヤマブキ 
Kerria japonica & Rhodotypos scandens »