« 今日の桜坂 | トップページ | やりばがある 
Viola lanceolata »

2007年4月 1日 (日)

ほんとのナンザンスミレ 
Viola chaerophylloides

以前から素性のわからないベニバナナンザンスミレという園芸種のスミレが流通しています。
花には罪がないのですが、「ナンザンスミレ」と名付けられて流通していることが問題なのです。

対馬産のナンザンスミレ(Viola chaerophylloides:スミレ科スミレ属)と比較してご覧いただきます。
ナンザンスミレは上の写真のように白い(白から淡い紅紫まであるそうですが)スミレで、花質は薄く、端正な形をしています。

下の写真はベニバナナンザンスミレですが、花は厚みがあるように見え、ぼってりと咲きます。
素人目にも明らかに印象が違います。
ナンザンスミレという名を使わなければ、非難めいたことを言われなくて済むのにと思ってしまいます。



Vchaerophylloides1


Vchaerophylloides2


Vchaerophylloides4

|

« 今日の桜坂 | トップページ | やりばがある 
Viola lanceolata »

スミレ (Viola) (113)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の桜坂 | トップページ | やりばがある 
Viola lanceolata »