« 斑に磨き
Cyclamen 'Chameleon Beauty'
| トップページ | 美しい大和撫子 
Dianthus superbus longicalycinus variegata »

2007年7月18日 (水)

一輪咲き 
Silene armeria

道ばたにムシトリナデシコ(虫取り撫子: Silene armeria :ナデシコ科シレネ属)が一輪咲いていました。
最盛期なら、茎の最上部に沢山の花がかたまって咲いていますが、シーズンが終わったこの時期では、ポツポツと一輪ずつ咲いています。
アリが花の蜜をとらないように上部の節から粘液が出る帯でブロックしているといわれており、そこからムシトリナデシコの名がついたといわれています。
ヨーロッパ原産で、江戸時代に鑑賞用として入ってきたものが野生化したようです。
学名の種小名アルメリアはスペインの都市の名で、そのあたりが一番の原産地なんでしょうか。

写真に写して初めて気がついたのですが、花弁の中に花弁のような付属物があるんですね。



Silenearmeria1


Silenearmeria2

|

« 斑に磨き
Cyclamen 'Chameleon Beauty'
| トップページ | 美しい大和撫子 
Dianthus superbus longicalycinus variegata »

散歩中に出会った草花 (Take-a-walk around flowers)」カテゴリの記事

コメント

p-techさん、こんばんは。
シクラメン・カメレオン、ほんとうに美しい葉ですね!
名前もぴったりだと思います。

やはりお上手だと思いますが、枯れてしまうものもあるとのお話、
少しなぐさめられました。(*^^*)
もうこの春買った、エゾルリソウとプリムラ・カピタータをだめにしました。(><)

ツユクサの中の黄色いかわいいシベ?
まったく知りませんでした。肉眼で確かめたけど、少し無理がありました。(笑)

投稿: シプカ | 2007年7月19日 (木) 19時17分

シプカさん、いらっしゃい。

ハイ、悲しいぐらい枯らします。
植物は幼苗の時は丈夫でも花が咲くと弱くなるものが多いですね。
春に花が咲いたものの内、半分ぐらいは夏に枯らしています。

花をルーペで見ると違う世界が見えてきますね。
目が良かった頃に気づいて楽しんでおけば良かったと思います。

投稿: ptech | 2007年7月20日 (金) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 斑に磨き
Cyclamen 'Chameleon Beauty'
| トップページ | 美しい大和撫子 
Dianthus superbus longicalycinus variegata »