« 北海道のあちらこちらで 
Geranium thunbergii
| トップページ | ハエドクソウ 
Phryma leptostachya v asiatica »

2007年9月 1日 (土)

夏咲きのキケマン 
Corydalis Kusiroensis

林の中で黄色いコリダリスを見つけました。
エゾキケマンが北海道では8月に咲くのだと一瞬納得しましたが、いくら北海道でも8月は無いだろうと思い直しました。

8月から9月頃に咲き、花がまばらにつく、花が小さい、葉っぱに厚みが無く、真っ平らに開くといった特徴からたどり着いたのがチドリケマン(Corydalis Kusiroensis:ケシ科キケマン属)です。
長い間本州に分布するナガミノツルケマン(Corydalis raddeana)と混同されていましたが、1991年に別種であることが分かったそうです。

種小名に釧路の名が使われている北海道だけに分布するキケマンだそうですが、和名のチドリの由来は分かりません。

準絶滅危惧種(現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種)として扱われいるようです。

珍しい植物に出会ったものです。



Corydalisspeciosa1


Corydalisspeciosa2


Corydalisspeciosa3_2

|

« 北海道のあちらこちらで 
Geranium thunbergii
| トップページ | ハエドクソウ 
Phryma leptostachya v asiatica »

コリダリス(Corydalis)(60)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道のあちらこちらで 
Geranium thunbergii
| トップページ | ハエドクソウ 
Phryma leptostachya v asiatica »