« 新島のスミレ 
Viola mandshurica f. niijimaensis
| トップページ | ソロリアいろいろ 
Viola sororia »

2008年4月25日 (金)

原種オダマキいろいろ 
Aquilegia flabellata var.pumila, sibirica, viridiflora & canadensis

原種系のオダマキをご覧頂きます。
ご覧頂くオダマキは、私がタネを蒔いたものではなく、(最初に花があったのは事実ですが)知らない間に他の花の鉢に飛んで、芽を出して咲いたものです。元の花はとっくの昔に消えています。
芽が出た時には種類はわかりません。花が咲いて初めて同定できます。

オダマキの種子は、新鮮であれば、かなり高い確率で発芽します。アネモネもそうです。
種子を手に入れる時は新鮮な種子を取り扱っている業者から購入しましょう。
タネを蒔いた時ラベルに業者の名前を書いておけば、発芽率を確認できます。
一番ダメなのはヤフーオークションです。オークションに出してる人がそのことを知らない可能性があります。

花の後に採種して、そのタネを蒔けば、最初の発芽は2週間後ぐらい、そのあと1ヶ月ぐらいの間に次々と発芽してきます。
一晩水につけてからなどと書いているものを見ますが、そのようなことをしても古いタネは発芽しないと考えた方がいいですね。
1年経てばどんなことをしてもほとんど無駄です。
1年以上経っても芽を出すプリムラ類やアブラナ類などと違うところです

それから幼苗は、成苗に比べると概して夏の暑さに耐えてくれます。直射日光の全く当たらないところに置いておくと、意外と夏越しをしてくれます。

たぶんミヤマオダマキ(Aquilegia flabellata var.pumila:キンポウゲ科オダマキ属)だと思います。こんなに背が低いのはミヤマオダマキだという私の先入観です。
私の所のオダマキは、おしなべて背が低いので違うかもしれません。
一番花は5 cmぐらい、最後の花でもせいぜい10 cmの背丈しかありません。
ここ10年ぐらいミヤマオダマキを買ったことがないのですが・・・・・
他の花の鉢に入っていた可能性があります。


Aflabellata2_2



ルリオダマキ(Aquilegia sibirica:キンポウゲ科オダマキ属)です。少し色が薄くなったように思いますが、暖かい色です。
この花も背が高くなりません。


Asibirica2_2



アクイレギア・ビリディフローラ(クロバナオダマキ:Aquilegia viridiflora:キンポウゲ科オダマキ属)です。
今年は一番には咲きませんでした。
花茎の太さに比べて、背丈が低いのがわかってもらえると思います。


Aqviridiflora5_2



アクイレギア・カナデンシス(カナダオダマキ:Aquilegia canadensis:キンポウゲ科オダマキ属)です。
これも背が低く、「ナナ(Nana)」という背の低い選別種だと思います。


Acanadensis1_2

|

« 新島のスミレ 
Viola mandshurica f. niijimaensis
| トップページ | ソロリアいろいろ 
Viola sororia »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ニイジマスミレ、きりりとした姿ですね。
小さいのにしっかりと自分を主張しているかのようですね〜
葉が厚いものをアツバスミレという名前で呼びますか?

オダマキ4種、どれも背筋をのばして姿勢がよく、でもちょっと恥ずかしそうに俯いて咲いていますね
お花はこれ以上は開かないのですよね?
ルリオダマキも綺麗、クロバナオダマキは見たことがなくて・・・最後のナナちゃんは愛らしい色・・・どれも好きだけど一つだけ選ぶとしたら最初のミヤマオダマキが好きかなあ〜

買うものによってはやっぱりオークションはダメですよね?
全然関係ないけど、楽器もオークションで買う人がいて、時々びっくりさせられてしまいます。「楽器も生き物だからオークションでは良いものは探せませ〜ん、安くならなくてもきちんとした信用出来る楽器店から買うべきですよ」と皆さんに言っているのですが、さっさと買っちゃうんで困ってます〜
今日のブログで共感しきりって感じでした。有難うございます

投稿: latfe | 2008年4月25日 (金) 23時38分

latfeさん、スミレの葉の厚い変種をアツバスミレと呼びます。
でもスミレとアツバスミレは、大きさとか、感じがかなり違います。

オダマキはちいさくても自己主張していますね。
昨年は咲かなかった洋種オダマキが多かったですが、この種類のオダマキは暖冬であろうと必ず咲いてくれます。

わたしもオークションで花を買うことがありますが、悪意はないけれど、知識もない人が、全然違うものを出品したりしています。
要注意ですね。

投稿: ptech | 2008年4月26日 (土) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新島のスミレ 
Viola mandshurica f. niijimaensis
| トップページ | ソロリアいろいろ 
Viola sororia »