« 赤い花茎と明るい緑の葉 
Viola lanceolata
| トップページ | 春色のタチツボスミレ 
Viola grypoceras f. rosipetala »

2008年4月11日 (金)

馬も馬鹿ではない  
Pieris japonica ssp formosa

公園にアセビ(馬酔木:Pieris japonica :ツツジ科アセビ属)が新芽をふいていました。

このようなすずらん状の花が大分前から咲いていました。
写真を撮っていると後ろを、すずらんの木が咲いてると言って、お年寄り連れが通り過ぎていきました。
なるほどそうですね。

たぶんこのアセビはヒマラヤアセビ(ピエリア・フォルモサ:Pieris japonica ssp formosa)であろうと思います。
というのは、新芽がこのように赤くなり、厚く、光沢があるのはヒマラヤアセビの特徴だからです。梅雨前にはこの色は消えてしまい、普通の葉っぱの色になります。
萼が白いのもその根拠です。
雲南原産と言われているのでヒマラヤアセビという名がついたのでしょう。
また亜種名のフォルモサは美しいという意味ですが、なるほどそうですね。

この植物の名前はよく知られているように、これを馬が食べるとアシがシビれるということでついたと言われています。
が、馬も馬鹿ではなく、本当は食べないそうですよ。



Pierisjaponica4


Pierisjaponica5


Pierisjaponica6

|

« 赤い花茎と明るい緑の葉 
Viola lanceolata
| トップページ | 春色のタチツボスミレ 
Viola grypoceras f. rosipetala »

ヤポニカシリーズ (Japonica) (90)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
丸一日見ない間に3つも更新されていてびっくり!!

スズメノヤリ、楽しい植物ですね~chick(おっと、これはヒヨコ)
なんだかとってもユーモラスbleah

ビオラ・ランセオラタ、花の色に葉の若草色と赤い茎が見事に調和して、自然ならではの美しさを表現していますねshine

そしてアセビ、足がしびれてアシシビ、それがアシビになりアセビになったと昔、母に教わりました、懐かしいですnotes

今日は例の仕事の初顔合わせが2園あり、時間に遅れないようにと余裕をみて動きましたが、時間が余ってしまい寄った公園で、やはりアセビをたくさん見かけましたbudやっぱり春はいいですねheart01

投稿: latfe | 2008年4月11日 (金) 23時05分

latfeさん、ひとつひとつの花に褒め言葉、ありがとう。
花も喜んでいるでしょう。happy01

スズメノヤリは背が低いので、他の雑草が伸びる前に花をつけて種族保存をはかっているようです。
地味な花ですが、原っぱや芝生の中に見つけると、すごく春を感じます。

サジバスミレはアメリカンという感じ、とにかく明るいスミレです。sun

アセビは寒い時から花をつけて頑張屋なんですが、誰もそのことを褒めてやらず、毒があることばかりいいます。かわいそうな花です。crying

昨日は保育園との打ち合わせが続いたんですね。
お疲れ様でした。

投稿: | 2008年4月12日 (土) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い花茎と明るい緑の葉 
Viola lanceolata
| トップページ | 春色のタチツボスミレ 
Viola grypoceras f. rosipetala »