« 原種オダマキいろいろ 
Aquilegia flabellata var.pumila, sibirica, viridiflora & canadensis
| トップページ | よくわからないオダマキ 
Aquilegia brevistyla »

2008年4月26日 (土)

ソロリアいろいろ 
Viola sororia

アメリカスミレサイシンとも呼ばれるいろいろなビオラ・ソロリア(Viola sororia:スミレ科スミレ属)が咲きそろいました。
勝手に交配したりしてスタンダードでないものが出現しています。

今年の新顔は縞模様のソロリアです。
園芸名を持っていませんが、下のパピリオケアナの花に縞が入ったものと思われます。
手に入れてから4年目にやっと花が確認できました。幾分花付きが悪ためでしょうか、あまり出回っていません。
濃紺と紫の2色の縞で、なかなかオシャレです。

Vsorariav1_2


Vsorariav3



以前は青紫の花のものをビオラ・パピリオケアナ(Viola papirioceana)と呼んでいましたが、今はビオラ・ソロリア(Viola sororia)に含まれています。
ソロリアの基本種です。


Vsoraria5_2



ビオラ・ソロリア「プリセアナ」(Viola sororia 'Priceana')です。


Vpriceana2



ビオラ・ソロリア 「ブルーフレックルズ」(Viola sororia 'Blue Freckles')と呼んでいるフレックルズの青花種です。

Vflecklesb1



ビオラ・ソロリア 「斑入りフレックルズ」(Viola sororia 'Freckles Variegated')です。
花がきれいな形で開いてくれません。

Vsorariav4_2



ビオラ・ソロリア「アリス ウィッター」(Viola sororia 'Alice Witter')です。
「赤花パンダスミレ」という名札がついていることがあります。
この花は下弁が開いていません。


Valicewitte2



ビオラ・ソロリア「アプリコット」(Viola sororia 'Apricot')です。
去年より色が濃くなり、より好ましくなりました。

Vapricot2

|

« 原種オダマキいろいろ 
Aquilegia flabellata var.pumila, sibirica, viridiflora & canadensis
| トップページ | よくわからないオダマキ 
Aquilegia brevistyla »

スミレ (Viola) (113)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
いろんなビオラ・ソロリアが咲いたのですね~lovely

縞模様のソロリア、4年目にしてお花が確認できたなんて、なんと地道な作業なのでしょうbud
プリセアナ、白に紫のぼかし模様が涼しげcute
ブルーフレックルズ、そばかす模様ですかsign02
斑入りのフレックルズ、なんと豪華な斑入りでしょうshine
お花がもう少し開いてくれると申し分ないけど、それはぜいたくというものですね。
アリス・ウイッターとアプリコット、どちらも可愛い色と形に魅せられますheart04

これだけあるとそれぞれの個性がよく見えてきてお話でもしたくなるようですねhappy01
もしかしてお花相手にptechさんお得意の独り言を言ったりしてますか~?

今日はやっぱりジムに行きましたよ~run
えらいなーと自己満足の世界ですup
帰り道の花屋さんに石楠花が置いてあるのを見つけて思わず買って帰りそうになりましたが、今は庭も花壇も満杯で植える場所がないことに気づいてあきらめましたsweat02

投稿: latfe | 2008年4月26日 (土) 21時30分

latfe さんはえらい、ジムにも行ったし、シャクナゲを買わなかったし。

私は買ってしまってから後悔しますshock、ア〜ア〜。

このソロリアたちは勝手に生えているものもいるんですよ。
知らない間に姿を消したと思ったら、知らない間に他の鉢に移動しています。
放浪癖には困ってしまいます。sad
だから毎年アップする顔が違っています。

投稿: ptech | 2008年4月26日 (土) 22時57分

縞模様のソロリア
我が家にも欲しい!

どちらで買い求めになられたか
もし宜しければ、教えて頂けませんでしょうか?

投稿: 通りすがりのスミレ好き | 2012年2月24日 (金) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原種オダマキいろいろ 
Aquilegia flabellata var.pumila, sibirica, viridiflora & canadensis
| トップページ | よくわからないオダマキ 
Aquilegia brevistyla »