« 曲がりくねる莢 
Corydalis ophiocarpa
| トップページ | ダブルのプリムラいろいろ 
Primula vulgaris plena »

2008年5月 4日 (日)

いつも二輪 
Glechoma hederacea ssp. grandis

カキドオシ(垣通し:Glechoma hederacea ssp. grandis:シソ科カキドオシ属)が咲いています。

カキドオシ属はあまり種類がなく、世界に数種類といわれています。
一般的に知られているのはグレコマ・ヘデラケア(Glechoma hederacea)だけです。
園芸種としてもヨーロッパ原産の「アルボバリエガータ('Albovariegata':白掃込斑種)」か「スターダスト('Stardust':白砂子斑種)」があるだけではないかと思います。

さてカキドオシは日本、中国、シベリヤに自生している種類で、葉も花も大きく、どちらかというとピンクがかった花をつけます。これに対してグレコマ・ヘデラケアはあまり目立たない青紫色の花をつけます。
花の時期は遠くから見ても目立ちます。
明らかに差がありますからグレコマ・ヘデラケアはセイヨウカキドオシとセイヨウをつけて名乗るのがいいのでしょう。

このカキドオシは六甲山の北の麓から連れて来たものです。カキドオシは身近な植物と言われていますが、町中の空き地で見かけることはありません。



Glechomahederacea3


Glechomahederacea4


Glechomahederacea5

|

« 曲がりくねる莢 
Corydalis ophiocarpa
| トップページ | ダブルのプリムラいろいろ 
Primula vulgaris plena »

その他の花 (Flora et cetera) (405)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曲がりくねる莢 
Corydalis ophiocarpa
| トップページ | ダブルのプリムラいろいろ 
Primula vulgaris plena »