« 地味な山のホタルブクロ 
Campanula punctata
| トップページ | 実がつかないフィジョア 
Feijoa sellowiana »

2008年6月22日 (日)

今ごろウツギ? 
Deutzia setchuenensis

ご近所の家の前の植木鉢にウツギを見かけました。
ヒメウツギぐらいの小さいウツギです。
ヒメウツギなら大分前に散ったはず、山のウツギも散ったはず・・・・?
季節外れのウツギです。
写真にとって調べてみましたが、手がかりがありません。

日本のものではないようなので、外国に手を広げて調べてみると、ありました、ありました。
初夏に咲く中国原産のウツギ、ドイツィア・セチュエネンシス(Deutzia setchuenensis:ユキノシタ科ウツギ属)でした。
セチュエネンシスは「四川省の」という意味ですが、1910年に湖北省で発見されています。湖北省から四川省にかけての海抜1000〜1500mの山地に自生しているようです。
学名からシセンウツギ(四川ウツギ)と呼べばいいんでしょうか。

日本のウツギの仲間より咲くのが遅く、夏に咲くそうです。
セチュエネンシスの特徴は、花びらがやや細く、雄しべの幅のある(有翼の)花糸が雌しべの周りに密に取り囲み、開かないことです。またヒメウツギと違って葉には毛が生えています。

少し大きい花をつける変種にドイツィア・セチュエネンシス・コリムビフロラ(Deutzia setchuenensis v. corymbiflora)があります。
コリムビフロラという変種名は「散房花序」のという意味で、花がほぼ同一平面上に並ぶ花序をいいます。
花の付き方が好ましいので園芸種として出回っているのはこれが多いようです。


Deutziasetchuenensis1


Deutziasetchuenensis2


Deutziasetchuenensis3

|

« 地味な山のホタルブクロ 
Campanula punctata
| トップページ | 実がつかないフィジョア 
Feijoa sellowiana »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
カンパヌラ プンクタタ、名前は目立つのにお花は地味なんですか〜♪
でも白に赤い模様がお洒落ですねheart01
赤紫のホタルブクロを見慣れた者にはとても新鮮ですnote

中国のウツギ、名前が難しくて覚え切れませんsweat02
ptechさんでもわからないお花があるなんて〜〜それもびっくり〜〜
でも何て魅力的なお花なんでしょう!
こんな可愛い花が地震の後の被災地での癒しになっていればいいのですが・・・それにしてもウツギ、ホントにたくさん種類があるのですね。
大好きなお花ですshineshineshine
いつか機会があったら「唐藤ウツギ」(だと思います?)とかいうのも見てみたいなんて厚かましくも思っていますshineshineshine

投稿: latfe | 2008年6月22日 (日) 23時00分

latfeさん、ドイツィア・セチュエネンシス、この言いにくい名前は淘汰されて、たぶん四川ウツギと呼ばれるようになるんでしょう。
米国ではよく知られている庭木のようですが、日本語のサイトでは記事がみつかりません。

洋種の木は種子会社が扱っていないこともあって、私には知識がありません。coldsweats01

トウフジウツギはまだ見たことがありません。フサフジウツギ(ブッドレア)はよく見かけますが、トウフジウツギにお目にかかりたいものです。lovely

投稿: ptech | 2008年6月23日 (月) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地味な山のホタルブクロ 
Campanula punctata
| トップページ | 実がつかないフィジョア 
Feijoa sellowiana »