« 今年は邪魔者 
Epilobium pyrricholophum
| トップページ | 明るいライムグリーンのツユクサ 
Tradescantia fluminensis »

2008年6月13日 (金)

アンネの想い出 
Rosa 'Souvenir d'Anne Frank'

「アンネのバラ (Rosa 'Souvenir de Anne Frank(Souvenir d'Anne Frank)' :スーベニール ダンヌ フラン(アンネの想い出))」が咲いています。

このバラは、咲き始めはオレンジ色(濃いアプリコット色)で、枯れる頃になると下の写真のように花びらの端の方がピンク色に変わります。
バラは多かれ少なかれ花の色が変わりますから、バラを多く育ててらっしゃる方にはこのような色の変化は珍しくないでしょうね。

ベルギーのバラ育種家デルフォルへさんが、愛と平和への祈りを込めて、作出したというバラです。「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクを偲んで名付けたといわれています。どういうい訳か関西で有名なバラです。

昨年冬に寒肥をやらなかったので、花の大きさは小さくなりましたが、色が一段と鮮やかになったような気がします。


Rosaannefrank1


Rosaannefrank2


|

« 今年は邪魔者 
Epilobium pyrricholophum
| トップページ | 明るいライムグリーンのツユクサ 
Tradescantia fluminensis »

その他の花 (Flora et cetera) (405)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
ちょっと日にちがあいてしまいました。一度に色々なお花を見せて頂きました。

ベロニカのピンク、ドキッとする魅力的な色ですねheart01

アカバナ、昨年のは楚々として咲いているように見えますが、今年は堂々と立派に咲いていますね〜notes
切ってしまうの惜しい気がしますが、仕方ないんでしょうねsweat02

アンネのバラ、鮮やかなアプリコット色ですね。
中学生の頃に「アンネの日記」を繰り返し読みましたbook懐かしいです。
でも、こんなバラがあるなんて初めて知りましたnote
何か、心を打たれますねshine

今、我が家に、神戸から、否、正確には三田から姪が来ています。
新幹線かと思ったら高速バスでやって来ました。
ドアtoドアの所要時間、12時間とのこと、やっぱり若さですね〜♪

投稿: latfe | 2008年6月14日 (土) 00時09分

latfeさん、文学少女だったんですね。

「アンネの日記」の内容は知っていても、私は読んだ記憶はありません。

アプリコット色のバラは沢山ありますが、この暖かい色が好きで、枯れたら探して植えています。heart02
何千品種とあるバラですが、関西では「アンネのバラ」で比較的容易に手に入ります。

姪っ子さんはバスで上京ですか。先日、うちの娘も2泊1日のバス往復で就職試験を受けに上京してましたが
若者は元気ですね。
うらやましい。gawk

投稿: ptech | 2008年6月15日 (日) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年は邪魔者 
Epilobium pyrricholophum
| トップページ | 明るいライムグリーンのツユクサ 
Tradescantia fluminensis »