« 赤い葉 
Mallotus japonicus & Alchornea davidiiicus
| トップページ | ワイン色のドレス 
Lysimachia atropurpurea »

2008年6月24日 (火)

白いブラシ 
Sanguisorba tenuifolia

公園にコバナノワレモコウ(小花の吾木香:Sanguisorba tenuifolia v. parviflora:バラ科ワレモコウ属)が咲いていました。

この植物は近畿地方以南に分布していますが、日本以外に、東アジアに広く分布しています。
枝先に楕円形の穂状花序をだし、白色の花を咲かせます。ワレモコウ(Sanguisorba officinalis)と同様、萼があるだけで花弁はなく、黄色い葯は乾くと黒くなります。咲いているところがピンクなのは萼の色です。
ワレモコウと異なる点は、雄しべが萼片より長く突き出すことです。白い花糸がブラシのように目立っています。

種小名は「細い葉の」という意味で、互生する長楕円形の細い葉を指しています。

一つ一つは小さい花ですが、まとまるとチャーミングですね。


Sanguisorbatenuifolia1


Sanguisorbatenuifolia2_2


Sanguisorbatenuifolia3

|

« 赤い葉 
Mallotus japonicus & Alchornea davidiiicus
| トップページ | ワイン色のドレス 
Lysimachia atropurpurea »

その他の花 (Flora et cetera) (405)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~moon3
アカメガシワ、赤い幼い葉が可愛いですね。
緑色に大きくなった葉は爽やかで夏らしい感じ。
背丈は数メートル以上になるのですか?
黄色いお花はデリケートそうだけど、でも長持ちするのですか?涼しげでいいですね~notes

コバナワレモコウ、白い花糸が素敵shine
すぎもとまさとの「我亦紅」の歌は聴いたことがあります。
ワレモコウの赤い花とはまた一味違って、チャーミングですねheart04

今日は久しぶりの夏らしい日でしたsun
暑いのが嫌いなptechさんはさぞ暑かったのでしょうねcoldsweats02

投稿: latfe | 2008年6月24日 (火) 22時23分

latfeさん、こんばんは

アカメガシワの大きくなった木を山で見たことがありません。だから花を見たのは初めてなんです。
こんな小さい木に花がつくとは思っていませんでしたから。

素朴なワレモコウの赤い花が田舎の娘で、コバナノワレモコウの白い花は町の娘という感じでしょうか。偏見やと叱られそうですが。coldsweats01

昨日、今日と暑さは一休みでした。暑いのは嫌です。花が枯れるから。特に梅雨の暑さはね。bearing

投稿: ptech | 2008年6月24日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い葉 
Mallotus japonicus & Alchornea davidiiicus
| トップページ | ワイン色のドレス 
Lysimachia atropurpurea »