« 植え込みの睡蓮木 
Grewia occidentalis
| トップページ | コムラサキの花 
Callicarpa dichotoma »

2008年7月 2日 (水)

タヒチアンハット 
Holmskioldia tettensis

南アフリカ原産の常緑低木のホルムスキオルディア・テトテンシス(Holmskioldia tettensis:シソ科あるいはクマツヅラ科ホルムスキオルディア属)が咲きました。
タヒチアンハットやパラソルフラワーの名を持っています。

昨年からあまり成長せず1mほどの背丈になりました。2〜3cmほどの小さい花ですが、タヒチアンハットやパラソルフラワーという英語を持っています。
平らに広がったお皿のようなものは萼です。萼は蕾を守るという役目を果たしていないように思います。
厚みがあって堅そうな萼ですが、虫が蜜を吸う際の止まり木になるのでしょうか。


Holmskioldiatettensis4_3


Holmskioldiatettensis5_3


Holmskioldiatettensis7

|

« 植え込みの睡蓮木 
Grewia occidentalis
| トップページ | コムラサキの花 
Callicarpa dichotoma »

その他の花 (Flora et cetera) (391)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植え込みの睡蓮木 
Grewia occidentalis
| トップページ | コムラサキの花 
Callicarpa dichotoma »