« 感動の乏しかったシクラメン・ヒルデブランディ 
Cyclamen x hildebrandii
| トップページ | ツルボの群生 
Scilla scilloides »

2008年9月19日 (金)

紫式部発見 
Callicarpa japonica

山の中でムラサキシキブ(紫式部:Callicarpa japonica:クマツヅラ科ムラサキシキブ属)を見つけました。

ムラサキシキブは日本、沖縄、台湾、東アジアに分布しています。
谷筋の流れのすぐ傍に育っていましたが、ムラサキシキブは湿った土壌がお好みのようです。
この条件は写真撮影には過酷で、1/8のシャッタースピードで何枚も撮りましたが、この2枚ぐらいしか使い物になりませんでした。

よく庭に植えられているコムラサキ(Callicarpa dichotoma)との違いは、大きさと果実の付き方といわれています。
ムラサキシキブは2〜3mほどあり、疎につく実は白色から淡紫色をしています。
もう少し細かい差違としては、コムラサキは葉の半分ぐらいしか鋸歯がありませんが、ムラサキシキブは葉の全周に鋸歯があります。

以前この近くで見た記憶があったので探していたのですが、やっと対面できました。


Callicarpajaponica1_2


Callicarpajaponica2_2

|

« 感動の乏しかったシクラメン・ヒルデブランディ 
Cyclamen x hildebrandii
| トップページ | ツルボの群生 
Scilla scilloides »

ヤポニカシリーズ (Japonica) (90)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感動の乏しかったシクラメン・ヒルデブランディ 
Cyclamen x hildebrandii
| トップページ | ツルボの群生 
Scilla scilloides »