« 華麗なシクラメン・シリシウム 
Cyclamen cilicium f. album
| トップページ | 晩秋の桜 
Prunus × subhirtella cv. Autumnalis »

2008年11月17日 (月)

現の証拠の実 
Geranium thunbergii

ゲンノショウコ(現の証拠:Geranium thunbergii :フウロソウ科フウロソウ属)がタネを飛ばすようになりました。

1.5cmほどの花は以前(白花の方は8月末、紅紫色の花は9月末)から咲いていたのですが、実をつけるまでアップするのを待っていました。
山の中では紅紫色のゲンノショウコしか見かけませんが、我が家の周辺は白花だけです。
棲み分けているのでしょうか。
それぞれ拾った種子から育ててみました。

ゲンノショウコの果実は莢の下の方に4個タネをつけています。
乾燥すると莢の下が裂けて、タネをつけたまま開きます。
その勢いで遠くにタネが飛んでいきます。
裂開した果実の残骸は、よく見るとおもしろいですね。


Geraniumthunbergii10_2


Geraniumthunbergii13


Geraniumthunbergii12


Geraniumthunbergii13_3

|

« 華麗なシクラメン・シリシウム 
Cyclamen cilicium f. album
| トップページ | 晩秋の桜 
Prunus × subhirtella cv. Autumnalis »

その他の花 (Flora et cetera) (405)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 華麗なシクラメン・シリシウム 
Cyclamen cilicium f. album
| トップページ | 晩秋の桜 
Prunus × subhirtella cv. Autumnalis »