« ちょっと違うアネモネ・パルマータ 
Anemone palmata
| トップページ | アルプスのオダマキ 
Aquilegia alpina »

2009年4月16日 (木)

鬱金桜の3変化 
Prunus lannesiana 'Ukon'

散歩コースの鬱金桜通りに鬱金桜(Prunus lannesiana 'Ukon':バラ科サクラ属)が咲いています。

数年前に、通りの片側に400mほどにわたって植えられました(もう片側は濃桃の八重桜です)。ですから木はあまり大きくありません。

鬱金桜は花の色がクリーム色(鬱金色)なのでこの名あります。
花は八重咲きで、咲き始めは普通の八重と同じですが、咲きそろうにつれ、重たくなるのか垂れ下がるようになります。

始めは緑がかったクリーム色ですが、徐々に白っぽくなり、中心部に朱が入ったり、緑が強くなってきたり、全体にピンクがかったりします。

一番下の写真のように、白地に緑のピコティー、中心部が赤という組み合わせになるのもあります。


1_2


3


4


5

|

« ちょっと違うアネモネ・パルマータ 
Anemone palmata
| トップページ | アルプスのオダマキ 
Aquilegia alpina »

コメント

こんばんは!
ウコン桜通りなんて羨ましいこと
毎年ウコン桜を探して歩いてる私としては・・・
上野公園には、二本ありました。でも他の八重と接近していると 気がつかない感じで・・・散歩コースには 一本の大きなウコン桜があり しばらく見とれてしまいます。花色がptechさんの写真でよくわかります
アルプスのオダマキもちょっと見かけない
深い色で 何ともいえませんねぇ

投稿: ミコメラス | 2009年4月17日 (金) 18時00分

ミコメラスさん、こんばんは

日本全国鬱金桜がこんな色ということがわかって安心しました。
黄色といいながらいろんな色になるんですよね。

本当にアルプスオダマキの花色は何とも言えない色です。
花が大きいので見とれてしまいます。

投稿: ptech | 2009年4月17日 (金) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと違うアネモネ・パルマータ 
Anemone palmata
| トップページ | アルプスのオダマキ 
Aquilegia alpina »