« 野生のヒメキンギョソウ 
Linaria canadensis & vulgaris
| トップページ | ナスの花の木 
Solanum rantonnetii »

2009年5月 6日 (水)

カリメロ坊やのオダマキ 
Aquilegia buergeriana 'Calimero'

アクイレギア・ブエルゲリアナ「カリメロ」(Aquilegia buergeriana 'Calimero':キンポウゲ科オダマキ属)が咲きました。

ヤマオダマキに比べると萼片の紫褐色が濃く、花弁の黄色が鮮やかです。

アクイレギア・ブエルゲリアナは北海道を除く山地の林縁や草原に自生しているヤマオダマキです。
「カリメロ」は、独イェリト・ペネリアル・シード(Jelitto Staudensamen) 社から2000年に発表された品種です。

カリメロとは日本でもおなじみの、卵の殻をかぶった黒いヒヨコからとったものです。ヒヨコのカリメロがこのオダマキとどのような関係があるのか、いろいろ調べてみましたがわかりません。


Abuercalimero3


Abuercalimero4


Abuercalimero5


|

« 野生のヒメキンギョソウ 
Linaria canadensis & vulgaris
| トップページ | ナスの花の木 
Solanum rantonnetii »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!休みの最後は 残念ながら雨降りで寒いです。
最近 散歩コースでオダマキを育ててる方多く見かけます。種類もいろいろで素敵なのが 増えてきたみたいですが ptechさん
のお持ちのようなのは あまり見かけません 今日のカルメロさんもヤマオダマキの色が濃くなった感じで 又、味わい深く魅力的・・・
山でヤマオダマキを見つけるとパット明るくなる気がします

投稿: ミコメラス | 2009年5月 6日 (水) 15時33分

ミコメラスさん、こんばんは

ミコメラスさんは山でヤマオダマキをご覧になったことがあるんですね。
いいですねー、うらやましいですねー

山の中ならあの色合いって似合うんでしょうね。

投稿: ptech | 2009年5月 6日 (水) 23時18分

アズキ色と花冠の黄色のコントラストがはっきりして鮮やかですね。
ヤマオダマキは背が高いのにカリメロは20cm位です…これは普通でしょうか…
花を見たところでは純系を保っているようなのですがタネの入手先がオークションなので(^^ゞ
#採り蒔きでサキシモンタナとスコプロルムの播種しました♪(黄花翁草も)

投稿: リトっぷ | 2009年5月 7日 (木) 09時32分

リトっぷさん、こんばんは

自生してるヤマオダマキは背高のっぽですが、私の所ではヤマオダマキもカリメロも20〜30cmです。

オークションでも芽が出るんですね。考え直さないといけません。
サキシモンタナとスコプロルムはもう咲いたのですか。
いいですね。

投稿: ptech | 2009年5月 7日 (木) 22時57分

こんばんは。(^^ゞ
ララミとサキシモンタナは意地悪ですよね…綺麗に撮らせてくれない。
我が家ではヴィリディフローラの次から咲き始めてサキシモンタナはまだ咲いて多花性なんだと驚いています。
今はピレナイカとクリサンサ,園芸品種などが花盛りです。
#入手先にかかわらず湿らせ吸水させた状態で春なら秋までと半年冷却し休眠打破を行うと高山性の物(ジョネシー,サキシモンタナ,スコプロルム)以外でしたら20日前後と発芽勢を揃える事が出来ますよ。
入手後に即播種したピレナイカの発芽が悪く1Potに1本しか出なかったので移植せずに育てていましたら1年半の今年に2つ発芽しました…(-.-;)

投稿: リトっぷ | 2009年5月 8日 (金) 21時19分

リトっぷさん、こんばんは

半年も冷蔵庫の入れておくという休眠打破の方法があるんですね。すごい裏技ですね。

オダマキのタネはまれに1〜2年経って発芽することがありますよね。私も蒔いたポットを2年ほどおいておくことがあります。そうすると芽が出たり・・・・でない方が多いですけど。

投稿: ptech | 2009年5月 9日 (土) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野生のヒメキンギョソウ 
Linaria canadensis & vulgaris
| トップページ | ナスの花の木 
Solanum rantonnetii »