« 対馬のタツナミソウ 
Scutellaria tzusimensis
| トップページ | 怪人どう? 
Ajuga ciliata v. villosior »

2009年5月22日 (金)

沢のリシマキア 
Lysimachia leucantha

サワトラノオ(沢虎の尾:Lysimachia leucantha:サクラソウ科オカトラノオ属)が咲きました。

関東から南部の太平洋側、四国、九州に自生し、朝鮮半島南部にも分布しています。
自生地では絶滅危惧IB類(近い将来に絶滅する危険性が高い種)に指定されています。

水辺に咲くので名前にサワとついています。そのせいか茎や葉が柔らかそうです。
山に咲くオカトラノオは垂れるほど花序が長いですが、ヌマトラノオ同様、サワトラノオは短いです。
種小名は「白い花の」という意味ですが、サワトラノオを含め他2種も白いです。しかしサワトラノオが一番ふっくらしていて、最も花が大きく見えるような気がして、この種小名は合っていると思います。


Lysimachialeucantha1


Lysimachialeucantha2


Lysimachialeucantha3

|

« 対馬のタツナミソウ 
Scutellaria tzusimensis
| トップページ | 怪人どう? 
Ajuga ciliata v. villosior »

その他の花 (Flora et cetera) (391)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対馬のタツナミソウ 
Scutellaria tzusimensis
| トップページ | 怪人どう? 
Ajuga ciliata v. villosior »