« アスパラの花 
Asparagus densiflorus 'Sprengeri'
| トップページ | ピンクのノコギリソウ 
Achillea alpina »

2009年8月 5日 (水)

ピンクのオキシペタラム 
Oxypetalum cv

ピンクのオキシペタラム(Oxypetalum cv:ガガイモ科オキシペタラム属)が咲いています。
最近はオキシペタラム(Oxypetalum)属ではなくツィーディア(Tweedia)属に移されましたが、ここでは旧来のオキシペタラムと呼ばせて頂きます。

この花は以前から咲いていたのですが、種類を特定できずアップすることが出来ませんでした。
オキシペタラム・カエルレウム・ロセア(Oxypetalum caeruleum rosea)というよく見かけるブルーのオキシペタラムの色変わりというふれこみで流通していますが、この花には特徴である副花冠(花冠基部の突起)がありません。この副花冠が園芸種化の途中で消えてしまったか、全く違う種類なのかわかりません。
そして副花冠の替わりに、先が2つに分かれた雌しべが花筒から飛び出しています。
ブルーの花の時は気づかなかったのですが、合弁花であることがよくわかります。

ピンクの原種オキシペタラムとしては Oxypetalum solanoide sがありますが、こちらは非常に目立つ副花冠があります。だからこれではありません。
オキシペタラム属は120種ほどあるそうなので、特定するのは無理かもしれません。


Oxypetalumpink1


Oxypetalumpink2

|

« アスパラの花 
Asparagus densiflorus 'Sprengeri'
| トップページ | ピンクのノコギリソウ 
Achillea alpina »

その他の花 (Flora et cetera) (405)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アスパラの花 
Asparagus densiflorus 'Sprengeri'
| トップページ | ピンクのノコギリソウ 
Achillea alpina »