« 2009年9月11日 | トップページ | 2009年9月13日 »

2009年9月12日 (土)

メキシカンハット 
Ratibida columnifera

公園にラティビダ・コルンニフェラ(Ratibida columnifera :キク科ラティビダ属 )が咲いていました。

ラティビダ属は日本ではヒメバレンギク(姫馬楝菊)と呼ばれ、5種類が知られていますが、すべて北米に分布しています。

中心の筒状花が盛り上がり、舌状花が垂れ下がるというエキナセアとよく似た花です。しかしエキナセアは開花してから中心部が高くなるのに対して、ラティビダは蕾の時から長球形をしています。

現地ではメキシカンハット(Mexican Hat)と呼ばれているそうですが、まさにそのイメージです。

細長い茎なので、背が高くなるにつれ,
倒れてしまいます。


Ratibidacolumnifera1


Ratibidacolumnifera4


Ratibidacolumnifera2

| | コメント (0)

« 2009年9月11日 | トップページ | 2009年9月13日 »