« 2009年9月21日 | トップページ | 2009年9月23日 »

2009年9月22日 (火)

藪の中の萩 
Desmodium podocarpum ssp. fallax

薄暗い谷筋にケヤブハギ(毛薮萩:Desmodium podocarpum ssp. fallax:マメ科ヌスビトハギ属)が咲いていました。

ケヤブハギはヌスビトハギの変種で、野原のような明るいところでは見ることがなく、林の中などの薄暗い所に生えています。葉っぱの両面に短い毛が生えていて、それが名前に顕れています。

花は一見してマメ科植物の花とわかる蝶形花ですが、前後の長さが5mmに満たない小さな花です。
小さい花なので、白っぽいピンクの花だと思っていましたが、実際は白い旗弁に翼弁がピンクで、竜骨弁は白色です。

葉の腋から花序を出して、まばらに花をつけながら、葉のついた茎とアンバランスなほど、長く伸びていきます。

とにかく花が小さく、薄暗い所に咲いているので、うまく写真に収めることができませんでした。


Desmodiummandshuricum1


Desmodiummandshuricum2


Desmodiummandshuricum3

| | コメント (0)

« 2009年9月21日 | トップページ | 2009年9月23日 »