« 2009年10月4日 | トップページ | 2009年10月6日 »

2009年10月 5日 (月)

薄暗い中に目立つヨルガオ 
Calonyction aculeatum

ヨルガオ(夜顔:Calonyction aculeatum:ヒルガオ科ヨルガオ属)が咲いていました。

ヨルガオは熱帯アメリカ原産のつる性植物ですが、現在では熱帯地方に広がっていると言われています。日本には明治の始めに観賞用として渡来しました。

直径15cmほどの大きな白色の花が、夏の夕暮れに芳香を放ちながら咲きます。翌朝には、下の写真のように、だらしなくしぼんでしまいます。
花は朝顔より細く長い筒部を持つロート形をしています。

この写真を写しているとユウガオですかと尋ねられましたが、ユウガオ(Lagenaria siceraria v. hispida)はかんぴょうを取るウリ科植物です。


Calonyctionaculeatum1


Calonyctionaculeatum2


Calonyctionaculeatum3_2

| | コメント (0)

« 2009年10月4日 | トップページ | 2009年10月6日 »