« 2009年10月6日 | トップページ | 2009年10月8日 »

2009年10月 7日 (水)

町中に馬の鈴草 
Aristolochia debilis

ご近所の庭の南天にウマノスズクサ(馬の鈴草:Aristolochia debilis:ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属)が絡んでいました。
ウマノスズクサは東北南部から九州までの河原などに普通に生えていますが、人家の庭に咲いているとは思いもよりませんでした。もっとも人家がなくなる山の崖まで100mほどの所ですが。
根茎を持つ多年生の蔓植物ですが、蔓を出すわけではなく、他の植物に緩くまとわりついて上に伸びていきます。

奇妙な花に見えますが、花弁は退化し、花弁に見えるのは萼です。萼はラッパ状で、付け根の方は球状になり、雄しべと雌しべはここに収まっています。先端は開いて、上端が後ろに反り返っています。

花の形が食虫植物を想像させますが、受粉を確実にする構造になっているだけで、虫を食べません。
山にはアリマウマノスズクサがありますが、それに比べるとウマノスズクサは「弱小な、脆弱な(debilis)」という種小名通り、色も地味ですし、花も長さ3cmほどで小さめです。
アリマウマノスズクサの花は、今年は見かけませんでしたね。


Aristolochiadebilis1


Aristolochiadebilis2


Aristolochiadebilis3

| | コメント (0)

« 2009年10月6日 | トップページ | 2009年10月8日 »