« 2009年10月16日 | トップページ | 2009年10月18日 »

2009年10月17日 (土)

背高のっぽのウンラン 
Linaria purpurea

散歩の途中、リナリア・プルプレア(Linaria purpurea:ゴマノハグサ科ウンラン属)を見かけました。

イタリヤ南部からギリシャにかけて分布する多年草で、北アフリカにも自生しているそうです。
このような藤色がかったピンクの1cmほどの花を輪状につけ上に登っていきます(要するに総状花序に花をつけます)。
細い茎なのに倒れず、50cmを越える高さ、時には1m近くに伸びます。

花色はプルプレア(ムラサキの)という種小名ほど濃くありませんが、一番下の写真のように白花もあります。
下唇喉部に毛が生えていますが、一番下の写真でそれが確認できます。距は比較的長い方で、ほとんど花と同じ長さです。

和名は「ムラサキウンラン(紫海蘭)」ですが、「宿根リナリア」で流通しています。

Linariapurpurea1


Linariapurpurea2


Linariapurpurea3

| | コメント (0)

« 2009年10月16日 | トップページ | 2009年10月18日 »