« 2009年10月20日 | トップページ | 2009年10月22日 »

2009年10月21日 (水)

観葉植物のタデ 
Persicaria microcephala

公園の雑草の中にペルシカリア・ミクロセファラ(Persicaria microcephala:タデ科ペルシカリア(イヌタデ)属 )が咲いていました。

ペルシカリア・ミクロセファラは中国(一説にはヒマラヤ)原産の、庭で育てられる観葉植物で、多年草です。
背丈が50cmにほどになるのですが、倒れやすいのでグランドカバーとしても用いられることもあります。
3mmほどの小さな白い花は夏から晩秋にかけて、ずっと咲き続けます。
写真で拡大して気づいたのですが、花にはうっすらピンクがかかり、蕊が紫で、可愛い花です。
英名は Smartweed(スマート草)、 Knotweed(結び草)、Fleeceflower(羊毛花)ですが、どのような特徴を指して呼んでいるのかピンときません。多分花の集まりをイメージしたのでしょうか。

園芸種のレッドドラゴン(Red Dragon)は葉が銅色になり白いV字模様が入ります。葉が緑色っぽく葉に模様が入らず、全葉が銀色を帯びた色になるのがシルバードラゴン(Silver Dragon)です。これはどちらなんでしょうね。たぶんレッドドラゴンでしょう。


Persicariamicrocephala1


Persicariamicrocephala2


Persicariamicrocephala3

| | コメント (0)

« 2009年10月20日 | トップページ | 2009年10月22日 »