« 2009年10月26日 | トップページ | 2009年10月28日 »

2009年10月27日 (火)

黒いブラシのチカラシバの花  
Pennisetum alopecuroides

チカラシバ(力芝:Pennisetum alopecuroides:イネ科チカラシバ属)が花をつけていました。

チカラシバは、東南アジアや日本全土、沖縄まで広く分布する多年草の単子葉植物です。
道端や野原などでよく見かける雑草といわれています。確かに昔はいろんな所で見かけたものですが、この近辺では絶滅危惧種ではないかと思えるほど見かけません。
町中の空き地は丁寧に草刈り機などで除草されているからでしょう。これは小さな川の岸の、人の手が入らない空き地に咲いていました。

猫じゃらし(狗尾草:えのころぐさ)を大きくしたような、ブラシのような穂が特徴です。穂から黒、正確に言うと紫がかった焦げ茶色の長い剛毛が多数出て、ブラシのように見えます。
この長い剛毛は、花を包む苞(総苞片)が毛状に変化したものです。何本かの毛の中心から薄茶色の花が咲きます。

穂は黒、紫がかった焦げ茶色をしています。雑草が枯れ始めた白っぽい景色の中で、ひときわ目立っています。


Pennisetumalopecuroides1


Pennisetumalopecuroides2

| | コメント (0)

« 2009年10月26日 | トップページ | 2009年10月28日 »