« 2009年10月29日 | トップページ | 2009年10月31日 »

2009年10月30日 (金)

ヒイラギ?ギンモクセイ?
Osmanthus x fortunei

散歩コースにヒイラギモクセイ(柊木犀:Osmanthus x fortunei:モクセイ科モクセイ属)が咲いていました。

ヒイラギモクセイはヒイラギ(Osmanthus heterophyllus)とギンモクセイ(Osmanthus fragrans)の自然交配種と考えられています。葉はヒイラギのように棘があり、ギンモクセイのような白い花です。
一番下の写真のキンモクセイ同様、雌雄異株で、雄しべが2本、雌しべは退化しています。日本には雄株しかないといわれていますが、日本で栽培されているモクセイ属のほとんどが雌雄異株で、雄株しかないというのが腑に落ちません。雌株は本当にあるのでしょうか。

キンモクセイのトイレの香水のようなきつい香りではなく、さわやかな香りです。


Osmanthusfortunei1


Osmanthusfortunei3


Osmanthusfortunei2


Osmanthusfragrans5

| | コメント (0)

« 2009年10月29日 | トップページ | 2009年10月31日 »