« 2009年11月4日 | トップページ | 2009年11月6日 »

2009年11月 5日 (木)

薬用バーベナ、クマツヅラ 
Verbena officinalis

ご近所の石垣にクマツヅラ( Verbena officinalis:クマツヅラ科クマツヅラ属)が咲いていました。

クマツヅラはアジア、ヨーロッパ、北米に広く分布し、路傍や荒れ地、原野などに生育する多年生草本です。
茎の断面はシソ科のように四角形です。高さは30cmほどになり、夏に穂状に花茎を立てていき、最終的に花茎は30cmを越えます。このように5mmほどの小さな淡いピンクの花を多数咲かせます。バーベナ(美女桜)に比べると、回転対称ではなく、二唇形の花形を感じさせます。

そのような花形で、茎が4角形なので、最初見つけた時は立ち性のタイム(Thyme)かなと思ったぐらいです。しかし葉がバーベナっぽく、それが同定の決め手となりました。長く咲き続ける植物ですが、これだけ寒くなってくると花穂も終わりです。

種小名は薬用のという意味でヨーロッパでは全草が薬用として用いられていますが、日本ではハーブ好きの人でも知らないようですね。


Verbenaofficinalis1


Verbenaofficinalis2


Verbenaofficinalis3

| | コメント (0)

« 2009年11月4日 | トップページ | 2009年11月6日 »