« 2009年11月9日 | トップページ | 2009年11月11日 »

2009年11月10日 (火)

秋深し、アキノキリンソウ  
Solidago virgaurea v. asiatica

尾根沿いの強脚コースにアキノキリンソウ(秋の麒麟草 :Solidago virgaurea v. asiatica:キク科アキノキリンソウ属)が咲いていました。

アキノキリンソウは日本全国および朝鮮半島に自生する多年生草本です。山地の陽当たりの良いに場所に生育しています。
普通は50cmほどで穂状に多数花をつけますが、ここらのキリンソウは20〜30cmで花数も僅かです。秋前に雨の降らなかった時期には、枯れかかって息も絶え絶え状態でしたから、それが影響したのでしょうか。

アキノキリンソウの花は他のキク科植物と違って中心にある筒状花が大きいのが特徴です。アキノキリンソウの花には舌状の雌花と筒状の両性花があり、中心にある筒状花だけが種をつけます。

牧野富太郎さんは、和名について秋に咲く麒麟草であり、ベンケイソウ科のキリンソウにたとえたものだと説明しています。
秋の深まりを感じさせる美しい花です。


Solidagoasiatica4


Solidagoasiatica5


| | コメント (0)

« 2009年11月9日 | トップページ | 2009年11月11日 »