« 2009年11月13日 | トップページ | 2009年11月15日 »

2009年11月14日 (土)

晩秋のツリフネソウ 
Impatiens textorii

山にツリフネソウ(釣船草、吊舟草: Impatiens textorii :ツリフネソウ科ツリフネソウ属)が咲いていました。

ツリフネソウは東アジア一帯に分布する 一年生植物で、日本では全国の低山から山地にかけて自生しています。
本来は水辺などのやや湿った薄暗い場所に自生するのですが、これは陽当たりのいい谷間でした。そのせいかこの時期でも花をつけているのでしょうか。

キツリフネや園芸種のハナツリフネソウ(源平ツリフネソウ)に似ていますが、花の後ろに伸びる距がクルクルと巻いているところが違います。

またキツリフネやハナツリフネソウの花は葉の陰に咲きますが、ツリフネソウは葉の上に咲きます。

種子は、一番下の写真のように、艶のある縞模様の莢の中に実ります。種子が熟すと莢から弾けて飛び散り、握り拳のように縮んだ莢だけが残ります。


Impatienstextorii1


Impatienstextorii2


Impatienstextorii3

| | コメント (0)

« 2009年11月13日 | トップページ | 2009年11月15日 »