« 2009年11月22日 | トップページ | 2009年11月24日 »

2009年11月23日 (月)

日本人向けに変わってしまったニオイスミレ 
Viola odorata 'Lydia Groves'

棚の隅に置いていたニオイスミレ「リディア・グローブス」(Viola odorata 'Lydia Groves':スミレ科スミレ属)が咲いていました。

リディア・グローブスはグローブス・ナーセリー(Groves Nurseries )で作出されたニオイスミレです。名前は現社長のクライブ・グローブス(Clive Watt Groves)さんの、故人となったお母さんの名に因んでつけられたそうです。グローブスナーセリーは沢山のニオイスミレを作出していますが、作出されたスミレの多くは家族の名がつけられているようです。いいですね。

グローブスナーセリーのサイトの写真ではリディア・グローブスは中心部が白、ほとんどは赤藤色の花色です。
しかし日本で見かけるリディア・グローブスは中心が淡い赤藤色で、周辺に行くほど薄くなるようです。種子で増殖しているうちに変わってきたのかもしれません。
さらに花形や花色は安定していなく、歪な花形であったり、赤藤色の濃いスポットが入ったりします。
これなどはほとんどオトメスミレ調になっています。しかしニオイスミレの中では、日本人好みの優しい花色にあわせたように明るい緑の葉色なので、かわいさも倍増です。


Vlydiagroves1


Vlydiagroves2


Vlydiagroves3_2

| | コメント (1)

« 2009年11月22日 | トップページ | 2009年11月24日 »