« 2009年12月4日 | トップページ | 2009年12月6日 »

2009年12月 5日 (土)

ウインタークローバというアブラナ 
Malcolmia cv 'Winter clover'

ご近所の庭先にマルコミア(Malcolmia cv:アブラナ科マルコミア属)が咲いていました。

マルコミアの仲間はヨーロッパを中心に35種が分布しています。花弁は4枚なのでアブラナ科植物ということがすぐにわかります。
なお属名は、マルコムという人名に由来しますので、その国の読み方に倣ってという原則から、2番目のLを発音しないでマルコミアと読みます。

マルコミアはマルコミア・マリテマ(Malcolmia maritima)が、花も大きく、背も高くならず、一般的です。
このマルコミアの園芸種は、多分サントリーがマルコミア・マリテマを改良し、それに「ウインタークローバ(Malcolmia cv 'Winter clover')」と名をつけ、流通させているようです。
マルコミア・マリテマは春から咲き出しますが、このウインタークローバは秋からずっと咲き続けます。

ウインタークローバという混乱しそうな名は、花が枯れた時にブルークローバのような形になるからかなと思いましたが、よくわかりません。花はもちろん、葉もクローバとは全く違います。


Malcolmia1_3


Malcolmia2

| | コメント (2)

« 2009年12月4日 | トップページ | 2009年12月6日 »