« 2009年12月11日 | トップページ | 2009年12月13日 »

2009年12月12日 (土)

秋咲きのスノードロップ 
Galanthus corcyrensis

秋に咲くスノードロップのガランサス・コルシレンシス(Galanthus corcyrensis:ヒガンバナ科ガランサス属)が満開になりました。

ガランサス・ニバリス(大待雪草:Galanthus nivalis)と思って6年間育ててきた(実際は植えっぱなしにしていた)のですが、昨年ニバリスではないことに気がつきました。

ガランサス・エルウイシイ(待雪草:Galanthus elwesii)とは内側の花びら(内花披)にあるグリーンの斑模様(エルウイシイはハートが上下に2個)が違います。
コルシレンシスは内花披に、年が明けてから咲くニバリスと同じように、グリーン斑が1個です。
ガランサス属は、このグリーンの模様と花茎を抱く葉の様子で区別されるそうです。
ガランサス・コルシレンシスは花茎を抱かず、花と同時に葉が出てきます。
その違いは些細なものですがガランサス属を区別する際の大きな特徴だそうです。

1球植えただけですが、よっぽどこの環境が気に入ったのか今年は8本花茎を立てています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

その後スノードロップ愛好家の(^ω^)さんからコメントを頂き、このスノードロップがガランサス・エルウイシイ・モノスティクツス(Galanthus elwesii var. monostictus)であることが判明しました。詳しくは(^ω^)さんのコメントをお読み下さい。
長い間の疑問が解けました。(^ω^)さん、ありがとうございます。



Galanthuscorcyrensis4


Galanthuscorcyrensis6_3


Galanthuscorcyrensis5

| | コメント (4)

« 2009年12月11日 | トップページ | 2009年12月13日 »