« 2009年12月17日 | トップページ | 2009年12月19日 »

2009年12月18日 (金)

木に咲くヒヨドリバナ 
Eupatorium ligustrum

ユーパトリウム(エウパトリウム)・リグスツルム(Eupatorium ligustrum:キク科 エウパトリウム属)が咲いていました。

初めは木本のように見えたものですからヒヨドリバナ(鵯花:Eupatorium chinense var. oppositifolium)と思ったのですが、さすがにこの時期咲いているわけがないと思い直し、探してみてリグスツルムにたどり着きました。

メキシコ産の低亜木で、寒さにめっぽう強く、霜にも耐えるユーパトリウムです。
背丈は1〜1.5m、ヒヨドリバナと同様、葉は鋸歯のある長楕円形で対生しています。若い枝は紫色をしています。
ヒヨドリバナは時に木化することもありますが、多年草で、ユーパトリウム・リグスツルムは木です。

メキシコでは夏から秋の長い期間咲き続けるようです。
珍しい花を普通に見かけるようになりました。


Eupatoriumligustrum1_2


Eupatoriumligustrum2

| | コメント (0)

« 2009年12月17日 | トップページ | 2009年12月19日 »