« 2010年1月22日 | トップページ | 2010年1月24日 »

2010年1月23日 (土)

ケイス・ドライデンさんのシクラメン? 
Cyclamen x drydenii

シクラメン「ドライデニー」(Cyclamen x drydenii:サクラソウ科シクラメン属)が咲きました。

シクラメン「ドライデニー」は同じ時期に花を開くシクラメン・コウム(Cyclamen coum)とシクラメン・トロコプテランスム(Cyclamen trochopteranthum)の交配種です。

シクラメン・トロコプテランスムはトルコのアナトリア地方の南西部のごく限られた山地に分布しています。
19世紀までは山のシクラメンでしたのでシクラメン・アルピナム(Cyclamen alpinum)という名で知られていました。しかし20世紀初頭に栽培されていたものが消滅し、自生地でも見つからなくなりました。1956年に再発見されましたが、1975年にシクラメン・トロコプテランスムに再分類されました。
花は「風車のような」という種小名のように、花弁が完全に反転せず、さらに90°捻れていて、プロペラのような形をしています。

片方にこのような特徴の親を持っていますので、花にもそのような傾向が出ています。
葉はコウムのような全縁の丸い形で、シルバーリーフです。
親のいいとこ取りをしているうらやましいシクラメンで、コウムとは違った趣きがありますね。

このシクラメンの詳細は分からないのですがドライデニーという品種名から英国の著名な園芸家ケイス・ドライデン(Kath Dryden)さんに因んだものではないかと思います。ケイス・ドライデンさんはシクラメン以外に雲間草(Saxifraga 'Kath Dryden') やヤブイチゲ(Anemone nemorosa 'Kath Dryden' )、プリムラ・オウリキュラ(Primula auriculas 'Hetty Woolf';彼女の祖母の名に因む)などにかかわっています。


Cyclamendrydenii1


Cyclamendrydenii2


Cyclamendrydenii3

| | コメント (0)

« 2010年1月22日 | トップページ | 2010年1月24日 »