« 2010年2月6日 | トップページ | 2010年2月8日 »

2010年2月 7日 (日)

ロウバイ3種 
Chimonanthus praecox

散歩をしているとロウバイ(蝋梅:Chimonanthus praecox:ロウバイ科ロウバイ属)が咲いているのに出くわすようになりました。

ロウバイ属は中国に2種が分布しています。ひとつが今日のトピックの落葉樹のロウバイ、もう一つは常緑性の白花種のトキワロウバイ(キモナンツス・ニテンス:Chimonanthus nitens)です。トキワロウバイは花が小さく、花付きも悪いので流通していません。
ロウバイは17世紀に朝鮮半島経由で渡来したそうです。

近所に咲いていたロウバイは、まずロウバイ(蝋梅)。花は小さく、内側の花びらが暗紫色をしています。蝋細工のようにうっすらと透けているのが一番よく分かります。
色もクリーム色です。

Chimonanthuspraecox6


全ての花びらが黄色いソシンロウバイ(素心蝋梅)。花の色は鮮明な黄色です。

Chimonanthuspraecox4


そしてソシンロウバイから選抜された大輪のマンゲツロウバイ(満月蝋梅)です。ソシンロウバイと同じく鮮やかな黄色です。写真の個体は内側の花弁に赤い色が残っています。

Chimonanthuspraecox5

| | コメント (1)

« 2010年2月6日 | トップページ | 2010年2月8日 »