« 2010年2月15日 | トップページ | 2010年2月17日 »

2010年2月16日 (火)

春を知らせるミツマタ 
Edgeworthia chrysantha

ご近所のミツマタ(三椏:Edgeworthia chrysantha:ジンチョウゲ科ミツマタ属)が咲きかけていました。

ミツマタは中国中南部原産といわれ、慶長年間に製紙材料として日本に渡来したそうです。江戸時代には全国で使われるようになりましたが、外国では花を観賞する庭木として利用されています。
梅と並んで、春真っ先に咲く落葉樹です。

暮れから蜂の巣がぶら下がったような蕾をつけ始め、早春に外が白、中が黄色の花を開きます。
黄色の花は花弁ではなく、筒状の萼です。

このような赤い品種(アカバナミツマタ)もあります。


Edgeworthiachrysantha3


Edgeworthiachrysantha4


| | コメント (0)

« 2010年2月15日 | トップページ | 2010年2月17日 »