« 2010年2月21日 | トップページ | 2010年2月23日 »

2010年2月22日 (月)

華麗な節分草 
Shibateranthis pinnatifida

セツブンソウ(節分草:Shibateranthis pinnatifida:キンポウゲ科セツブンソウ属)が咲きました。

セツブンソウは関東以西の落葉広葉樹林の林床に生えている多年草です。
神戸市六甲高山植物園でもセツブンソウが見頃になったそうで、そのため冬季休園中に昨日21日、1日だけ臨時開園すると新聞に出ていました。見に行こうかと思ったのですが、時間が無く、我が家のセツブンソウで我慢しました。

キンポウゲ科の例に漏れず、直径2cmの白い花弁に見えるのは萼片です。黄色い雄しべのようなもの(蜜槽、クリスマスローズのネクタリーのようなもの)が退化した花弁だそうです。
セツブンソウという名は節分の頃に花を咲かせることからついたようですが、2週間遅くに咲きました。

ほんとうに可憐な花です。六甲高山植物園で群生しているところを見に行くべきだったと後悔しています。


Shibateranthispinnatifida1


Shibateranthispinnatifida2

| | コメント (2)

« 2010年2月21日 | トップページ | 2010年2月23日 »