« 2010年2月24日 | トップページ | 2010年2月26日 »

2010年2月25日 (木)

ピンクのベル 
Pimelea physodes

ピメレア・フィソデス(Pimelea physodes:ジンチョウゲ科ピメレア属)が咲いていました。

ピメレア属はオーストラリアからニュージーランドにかけて分布する常緑低木です。おおよそ100種が知られていますが、その多くがジンチョウゲのような枝端に半球状に小さな花をつけます。

しかしピメレア・フィソデスは変わっていて、花の大きさは5〜6cmあり、俯いて咲きます。外側に被さっている2枚の渋いピンクの花びらは苞葉で、その中にある4枚のパステルグリーンの花びらが本当の花弁です。

西オーストリアのパース南東に位置するスターリング山脈の珪藻土壌を好むので、この地方以外では育てるのが難しいと言われています。カラップ(オーストラリア先住民の言葉でオウムが集まる土地)という地方で見られるのでカラップ・ベル(Qualup Bell)と呼ばれています。


Pimeleaphysodes1


Pimeleaphysodes2

| | コメント (2)

« 2010年2月24日 | トップページ | 2010年2月26日 »