« 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月1日 »

2010年2月28日 (日)

姿の乱れたパシフィック・フロスト 
Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'

ヘレボルス・アルグチフォリウス「パシフィック・フロスト」(Helleborus argutifolius 'Pacific Frost':キンポウゲ科ヘレボルス属)が例年より早く咲きました。

コルシカ島に分布していたので、以前はヘレボルス・コルシカス(Helleborus corsicus)と呼ばれていました。イタリヤの南だから暖かいところかと思っていましたら、コルシカ島の海抜2300mほどの山地だそうで、かなり寒いところのようです。

パシフィック・フロストはバンクーバー近くのパン・フロスト(Pam Frost)庭園で作出された斑入り種です。
新葉はクリーム色の地に濃い緑の斑が点々と入り、非常に美しい葉をしています。
時間が経つにつれ、徐々に濃い緑が増えてきて、花が咲く前は濃緑の地に白い点が散っています。
新葉の美しい葉をお見せしたいのですが、残念ながら葉だけの写真がありません。これは少しは想像できるでしょうか。
花が散った後、新しい芽から茎が伸び、古い茎は枯れてしまいます。

パシフィック・フロストは、朝少し日が差すような明るい日陰に置いておいても、夏の太陽で葉焼けを起こし、みすぼらしい姿になってしまいます。
完全な日陰に置いていたら、一番下の写真のように、太陽を探して姿が乱れて、鉢から飛び出してしまいました。


Hpacificfrost6


Hpacificfrost8


Hpacificfrost7

| | コメント (0)

« 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月1日 »