« 2010年3月1日 | トップページ | 2010年3月3日 »

2010年3月 2日 (火)

大輪の白いクリスマスローズ 
Helleborus x nigercors 'Valentine Green'

ヘレボルス・ニゲルコルス「バレンタイン・グリーン」(Helleborus x nigercors 'Valentine Green':キンポウゲ科ヘレボルス属)が咲きました。

ニゲルコルスはヘレボルス・ニゲル(Helleborus niger)とコルシカス(Helleborus corscus:アルグチフォリウス(Helleborus argutifolius)の旧名)の合成語で、二つのヘレボルスの交配種です。
ニゲルコルスは1931年にストーク(Stooke, J. E. H.)さんによって王立園芸協会(RHS)フラワーショウで発表され、1990年半ばになって世界に広まりました。

ヘレボルス・ニゲルコルス多くの品種が作られていますが、その中で「バレンタイン・グリーン」は日本で作出されたメリクロン品種で、グリーンのブラッシュが入る大輪の白い花が特徴です。花びらは白色から次第にグリーンに褪色していきます。

華やかなメリクロン品種が出回るようになったせいか、最近は以前ほど流通していないようですね。
ニゲルとアルグチフォリウスのいいところが出ているクリスマスローズです。


Hvalentinegreen1


Hvalentinegreen2

| | コメント (2)

« 2010年3月1日 | トップページ | 2010年3月3日 »