« 2010年3月15日 | トップページ | 2010年3月17日 »

2010年3月16日 (火)

阿蘇のヒカゲスミレ 
Viola yezoensis v. asoana

アソヒカゲスミレ(阿蘇日陰菫:Viola yezoensis v. asoana:スミレ科スミレ属)が咲きました。

アソヒカゲスミレはヒカゲスミレの葉がヒョウタン型になるもので、阿蘇地方(阿蘇外輪山の南東部)で発見されました。

普通のヒカゲスミレ(Viola yezoensis)は北海道、東北、関東、太平洋側の中部地方の落葉樹林の林床に分布しています。西日本にはぽつぽつと分布しています。アソヒカゲスミレは阿蘇以外に広島県でも発見されているそうです。

アソヒカゲスミレの花は、普通のヒカゲスミレと変わりなく、中輪の白い花で、紫色の筋が入っています。

葉は全てがヒョウタン型になるわけではなく基部が心型になる三角形のものも混じっています。早春の葉は明るいグリーンですが、表面が褐色がかったものもあります。

15年以上も前、熊本市に住んでいましたが、私が見てみたいと思っていたスミレで、よく高森の南阿蘇国民休暇村近くに探しに行ったものです。


Vyezoensisasoana1


Vyezoensisasoana2


Vyezoensisasoana3

| | コメント (0)

« 2010年3月15日 | トップページ | 2010年3月17日 »